FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
消費税UP前の購入?減税額は?
新川崎の不動産屋さん、メグハウスのはやしです。

最近、よく質問をお受けするので、お渡しできる資料を作っていたのですが、内容だけぶろっぐにアップしときます。
ちょっと硬い内容なのと、あくまでも個人的な意見ですので参考までに。あと、結構長文です。

この時期に購入したほうが良さそうかどうか?というテーマの話が多く出ます。
もちろん、恒久的な悩みの家賃がもったいないです。が一番多いのですが。


この時期特有の悩みポイント

① 消費税8%へUP(2014年4月)、10%へUP(2015年10月)
不動産売買においては、建物の部分に消費税がかかります。
建物価格が2000万円であれば、消費税の影響は8%時は60万円、10%時は100万円です。
それ以外には、購入時にかかる諸費用や商品の購入時に消費税の影響があります。
大雑把にいえば、8%時の諸費用が300万円なら9万円、家具購入に300万円なら9万円で18万円が消費税の上昇分です。
10%時の諸費用が300万円なら15万円、家具購入に300万円なら15万円で30万円が消費税の上昇分です。
8%時の差は78万円、10%時は130万円が今と比較したときの差額分になります。

② 住宅ローン減税の拡充。(2014年4月以降の入居)
2015年3月入居までの予定だった住宅ローン減税が、消費税のUPの住宅購入に与える影響を考え、2015年4月以降も4年間延長し、かつ、現在のトータル200万円から400万円へ増やす形になりそうです。来年以降のほうが税制上は200万円得することになりそうです。

上記の2点からお金のことだけ考えると、2014年4月以降の入居消費税8%に上昇時が負担増は78万円でローン減税が200万なので、120万円お得ということになります。

一般的な不動産購入(マンション、建売住宅、中古物件)は、2014年4月以降入居であれば、2014年1月から探しても間に合う可能性も高いです。
マンションの場合は、今の時期に建築中であれば、おのずと入居時期はそれくらいになりそうですね
建売住宅などは、完成時期を考えると秋ぐらいからのものが、3月末引渡しのサイクルになると思います。
注文建築の場合は請負契約になるので、2014年10月以降の分は8%になりますが、9月までは5%のままというのが注意点です。

そういう意味で、現在不動産を検討中の方は時期タイミングに関しては、今ではなくてもと二の足を踏むケースも見受けられます。

しかし、上記のようにお金の差額だけに注目すれば、それぞれ良い時期が絞られるのでそのタイミングで動こうと準備している方が多いのでしょう。

不動産会社からすれば、その時期になると動くお客さんの総量が増えるので物件の数が足らなくなることを引き金に、売値の上昇や物件の取りあいが起こりやすくなるだろうなと考えています。

また、家を建てる材料にも消費税がかかりますので、売れない時期はともかく、売れる時期になれば消費税分は価格に転嫁されてくるでしょう。

消費税が上がろうが、減税額が増えようが、一般的には購入者の予算は上がりづらいものです。

本当に良い時期はいつか(機会の損失の可能性)を、もう一度考えてみる必要があることをご提案します。

【PR】新川崎、川崎市幸区の不動産はメグハウスのHP
川崎エリアにて不動産をお探しの方は、是非ご用命下さい。
独自の不動産取引ネットワークにてお手伝い致します。
川崎市幸区北加瀬3-5-7 TEL044-580-3335
スポンサーサイト
【 2013/02/03 11:47 】

| まったりやってます | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://meghouse.blog50.fc2.com/tb.php/330-c20c2a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。